※本件、ご応募多数につき終了いたしました。
まことにありがとうございます。
H29年度にてご希望の方は、下記よりお問合せくださいませ。

全国自治体:インバウンド・観光PRご担当部局のみなさまへ
———————————————–
外国人さん目線で「あなたの町の旅・日常」を
フランスはじめ33,000人+15,000人の日本ファンに発信しましょう!
———————————————–

みなさまこんにちは。
合同会社JEXPOの代表社員(CEO)堺武志と申します。
活動拠点は福岡市です。
わたしたちJEXPOは、世界の日本ファンが毎年15,000人登録するWEBコミュニティ、
マルチリンガルネットワークを20年運営しております。
利用者が多いのは、フランス、スペイン、ロシア、イタリア、ドイツなどヨーロッパ圏です。彼らはこんな特徴があります。
・日本の地方都市、町・村への旅行が大好き
・日本の伝統文化や地域資源、ポップカルチャーに深い関心
・来日時の滞在日数や客単価が高い

これらの国々は、もっともインバウンドで呼びたい対象でありながら、「個人客が中心」、「言語ができない」、「コネクションがない」などで有効な集客手段がないというのが実状です。そんななか、わたしたちは、そのコアな日本ファン層をすでに集客しております。

 全国自治体のインバウンド・観光PRご担当様へ。今回は、そのなかでももっとも日本熱が高いフランス、ICHIBAN JAPANさまとわたしたちとがコラボしたインバウンド企画を提案いたします。

日本紹介Youtube事例:九州(201511)
まずは、フランス人ICHIBAN JAPANギヨーム・ジャマルさんが作る日本紹介Youtubeの一例をご覧ください。2015年11月に九州を訪問した際の動画です。企画・撮影・編集のクオリティの高さ、そして、彼のファンによる膨大な量の書き込み・反響の大きさ、エンドロールに流れるフランス人協力者の多さを実感ください。彼らの影響力の大きさとたくさんの日本ファンがいらっしゃることをお感じいただけます。既に、屋久島、倉敷、福岡を紹介した後に多くの訪日フランス人がそれら地方に観光に行くようにもなりました。
(ドキュメンタリー :30 分)

ギヨーム・ジャマルご本人さんからの挨拶
はじめまして、

私はギヨーム・ジャマルと申します。ICHIBAN JAPANという、日本に関するYoutubeのチャンネルでフランス一の知名度があるチャンネルのクリエイターです。

現在、年間2度訪日しております。次回は、2016年の10/24〜12/5です。日本中を観て周り、たくさんの動画を製作する計画をしています。東京や京都だけでなく、日本の様々な場所を紹介したいと思っています。日本に関してを言いますと、フランスでは私が一番の影響力と言えるでしょう。今回のパートナーシップ契約にご興味はございませんか?

津々浦々を訪問し、様々なおもしろいスポットや、綺麗な景色、行事を撮影したいです。そして、それらを YOUTUBE や、FACEBOOK、TWITTER、INSTAGRAM、私個人のウェブサイトで紹介することもできます。パートナーシップを考慮して頂けますか?また、どのような形でそれが実現できそうでしょうか?
下記がそれぞれのメディアでの私のページのURLです。

YouTube (33,000 チャンネル登録者:視聴1,500,000回超) : https://www.youtube.com/user/Jamaro91
FACEBOOK (14,000 ファン) : https://www.facebook.com/IchibanJapan/
TWITTER (8,000 フォロワー) : https://twitter.com/Ichiban_Japan
INSTAGRAM (3,700 フォロワー) : https://www.instagram.com/ichiban_japan/
個人のウェブサイト(35,000 ユーザー / 月) : http://ichiban-japan.com/

お読み頂きありがとうございます。
ご連絡お待ちしております。

ICHIBAN JAPAN – Guillaume Jamar ギヨーム・ジャマル
www.ichiban-japan.com

今回の来日プラン
ジャマルさんが今回の来日(2016年 10/24〜12/5)で計画しているプランです。

 

前回までと今回との違い
これまでジャマルさんは、来日にかかる費用(交通費・宿泊費・食費・施設入場料など)を、彼自身が来日前にクラウドファンディングを通して調達してきました。彼にはそれだけたくさんのファンがいるということの現れですし、日本に行ってみたい、日本のいろんな姿が見たい、という方々がたさくんいる証でもあります。しかし、今回の滞在予定は1年。滞在費用が大きくなり、クラウドファンディングだけではまかなえない可能性があります。そこで、今回は、自治体さまのPRに尽力いただくことの代わりとして、自治体さまにて後述の費用のご負担・ご手配等、についてご相談させていただきたいと考えております。

■ 製作物 ■
ドキュメンタリー・ビデオブログ・ブログ投稿の3種類があります。

1- ドキュメンタリー (30 分) : 現在、こちらが活動の主体となっています。動画にサウンド、とナレーションが含まれ、豊富な情報を提供しています。十分なクオリティーの動画を作るのに2週間で数箇所を周る必要があります。毎月1作リリースされます。
(事例:上記)

2- ビデオブログ(15 分) : こちらはドキュメンタリーのエピソードとは別に作られる動画で、ドキュメンタリーよりかかる手間が少ない動画です。1動画で1箇所を紹介しますが、そこに1週間の滞在が必要です。毎週1作リリースされます。
(事例)

3- ブログ投稿 : 一箇所、1週間の滞在が必要です。
(事例)

Comment se faire des amis japonais ?

■ パートナーシップ条件 ■
パートナーシップの契約条件のこちらからの提案と致しまして、下記の内容を用意致しました:

A- ご希望の製作内容をご依頼頂く :
1- ドキュメンタリー(200,000円)
2- ビデオブログ(80,000円)
3- ブログ投稿(70 000円)
滞在費、経費は当方で負担。

B- 国内旅費、宿泊費、飲食費、経費全て(紹介する物の購入費など)をご負担して頂く。

所要滞在期間:
ドキュメンタリー 2週間
ビデオブログ 1週間
ブログ投稿 1週間

今後の進め方
ジャマルさんは、かなり日本語がしゃべれます。しかしながら、自治体さまとの打合せ・交渉・契約をメールや書面、Skype等だけで行えるほど日本語が達者かというと、ちょっと難しいかなと思います。また、日本の自治体の「行政事務手続」、「事業」、「予算・費目」、「稟議・決済」などは、ほぼ理解できないと思われます。ジャマルさんと自治体さまの間には、「通訳」が必要だろうと存じます。

つきましては、JEXPOが双方の間に入って、その「通訳業務(コミュニケーションの円滑化)」をお手伝いし、日程・工程・予算決めなどとあわせて、自治体さまの行政事務手続の円滑化の支援を行いたいと考えております。平成29年度予算で事業化されたい場合等にも、ご相談くださいませ。ちなみにJEXPOの代表堺は、前職は自治体さま向けのコンルティング業務に25年従事しておりました。ご安心いただければと存じます。

なお、JEXPOがお手伝いさせていただくフィーにつきましては、貴自治体さまにご負担いただくことを予定しております(下記税別)。項目・内容・金額の詳細等につきましては、別途ご相談させていただきます。

基本料金 120,000円(税別)
・3回までのメール・電話でICHIBAN JAPANさまとパートナーシップができる場合
オプション 別途 (日当 30,000円/日(税別)~)
・4回以上のやりとりが発生する場合
(ICHIBAN JAPANさまとの仏和翻訳が必要)
・本業務を自治体さまとJEXPOが契約する場合
(JEXPOがICHIBAN JAPANさまへ再委託)
・自治体さまへの訪問する場合の交通費・日当

お約束
マルチリンガルネットワークのフランス語サイトにて貴自治体さまをご紹介いたします。
マルチリンガルネットワーク全体 107,000 ページビュー/月
掲載サイト(トップページの大きなスライド)
http://fr.multilingual-network.com/

・スライド画像1枚+ご指定URLへのリンク:1カ月
・スライドに使う画像は提供いただきます
・仏訳(英訳)は、100文字までマルチリンガルネットワークが負担

JEXPOより
日本の方が発案し、日本から発信するインバウンドのプランは、おおにして外国人さんには届かないものです。多くの自治体さんが、そのことにお気づきであっても、なかなか「外国人さん目線」のプランには、取り組めないのが実状です。

ジャマルさんのような外国人さんを経由したPRは、「日本が大好き」という外国人さんに直接響き、継続性があり、少ない費用で高い効果をあげることができます。

ジャマルさんの母国であるフランスをはじめとするヨーロッパの方々は、日本の地域(田舎)・伝統・文化に深い興味と関心を示し、かたやポップカルチャーなども大好きです。個人客が主体ながら、来日客ひとりあたりの消費単価が高いのが特徴です。インバウンド=団体客、インバウンド=中国・東南アジア、と型にはまった発想にはとらわれない自治体さまと本企画にてコラボできることを心より祈念しております。

お問合せ
本件に関心をおもちの自治体さまは、メールまたはお電話にて、「ICHIBAN JAPANさまコラボ企画に関心あり」の旨ご連絡くださいませ(担当 堺)。

- 連絡先 -
メール info@multilingual-network.com
電 話 092-407-0612

- 募集自治体数とご応募期限
*先着5団体さま

- ご提示いただくもの(すべて日本語でOK)-
*自治体、部局、ご担当者のお名前
*自治体さまでPRしたいイベント、地域資源等の紹介
*上記の写真データ・PRチラシ(PDF等)・URL等

すべてをジャマルさんにお渡しします。
彼のアンテナが感じた自治体さまとその後ご相談をさせていただきます。

みなさまからのお問合せを心よりお待ちしております。

2016年9月8日
ICHIBAN JAPAN
Guillaume Jamar
合同会社 JEXPO
CEO 代表社員 堺武志 (プロフィール